• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ANAは放送中止でも…世界に溢れる“日本人ナメられCM”

 日本在住の外国人から「人種差別的だ」などと苦情が寄せられ、放送中止になった全日空のCM。同社は修正版の作成を急いでいるが、ニュースはあっという間に海外にも飛び火した。

 CMは、羽田空港発の国際線増便のPR。俳優の西島秀俊(42)とお笑い芸人バカリズム(38)扮する日本人パイロットが、全編英語で話す。
 動画サイトで見ると、CMはこんな内容だ。

 西島からのハグの誘いにためらうバカリズムに、西島が「日本人のイメージ変えちゃおうぜ」と切り出すと、画面が替わり、金髪のカツラと高い付け鼻のバカリズムが、「もちろん」と答える――。

■フランスはウソの案内でニヤリ

 怒りを買ったのは、どうやらバカリズムの金髪と高い付け鼻。日本人には意外だが、白人には高い鼻がコンプレックスで茶化(ちゃか)されたことが許せないらしい。クスッと笑ってほしいはずが、こんな事態になるとは、制作側も想定外だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る