ANAは放送中止でも…世界に溢れる“日本人ナメられCM”

公開日:  更新日:

 日本在住の外国人から「人種差別的だ」などと苦情が寄せられ、放送中止になった全日空のCM。同社は修正版の作成を急いでいるが、ニュースはあっという間に海外にも飛び火した。

 CMは、羽田空港発の国際線増便のPR。俳優の西島秀俊(42)とお笑い芸人バカリズム(38)扮する日本人パイロットが、全編英語で話す。
 動画サイトで見ると、CMはこんな内容だ。

 西島からのハグの誘いにためらうバカリズムに、西島が「日本人のイメージ変えちゃおうぜ」と切り出すと、画面が替わり、金髪のカツラと高い付け鼻のバカリズムが、「もちろん」と答える――。

■フランスはウソの案内でニヤリ

 怒りを買ったのは、どうやらバカリズムの金髪と高い付け鼻。日本人には意外だが、白人には高い鼻がコンプレックスで茶化(ちゃか)されたことが許せないらしい。クスッと笑ってほしいはずが、こんな事態になるとは、制作側も想定外だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る