人員整理のツケ…トラブル頻発のJALに迫る業務改善命令

公開日: 更新日:

 JALがまたトラブルだ。5日午前9時ごろ、貨物重量管理システムで障害が起こり、復旧したのが午後5時過ぎ。羽田空港発着便を中心に国内線174便が欠航、1万4000人に影響が出た。

 国交省の指導は原因究明と再発防止の指示にとどまったが、JALのダメージは決して小さくない。「異例の頻度でミスが起きている」と叱り飛ばされたばかりなのだ。

 理由は昨年10月から今年5月にかけて起きた16件の整備ミス。運航に支障は出なかったものの、着陸時の減速に使う逆噴射装置の部品を付け忘れたまま1カ月飛ばし続けていたり、主脚部品の付け忘れもあった。無資格の整備士が最終確認していたケースまであった。

「ほとんどが単純ミスによるもの。まさにヒューマンエラーです」(航空アナリスト)
 こうした事態を受け、JALは5月19日から23日にかけて羽田の整備を休止。管理職と整備士らが作業の見直しを検討した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る