エアバス解約通告で大揺れ スカイマーク“大バクチ”のツケ  

公開日:  更新日:

 経営を揺るがす“大バクチ”になってしまった。スカイマークが欧州の航空機メーカー「エアバス」社から「A380」6機の購入契約について解除を通告された。代金支払いのメドが立たないと判断されたようだ。

 29日、国交省で会見した西久保慎一社長(59)は「(交渉打ち切りとは)まだ確認できていない。まずは関係修復したい」と強がっていたが、エアバス側は「支払い不能になるなら、株を売却してほしい」と“身売り”まで要求している。解約となれば、スカイマークが支払う違約金は700億円に上るという。

 A380は2階建てで座席数が500以上の超大型機だ。

「最初からこうなると思っていました。契約上の6機の購入金額は合計1900億円ですよ。スカイマークの事業規模(14年3月期の総資産787億円)では過剰です。前払い金の負担も重く、破滅の道へとまっしぐらとみていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る