エアバス解約通告で大揺れ スカイマーク“大バクチ”のツケ  

公開日:  更新日:

 経営を揺るがす“大バクチ”になってしまった。スカイマークが欧州の航空機メーカー「エアバス」社から「A380」6機の購入契約について解除を通告された。代金支払いのメドが立たないと判断されたようだ。

 29日、国交省で会見した西久保慎一社長(59)は「(交渉打ち切りとは)まだ確認できていない。まずは関係修復したい」と強がっていたが、エアバス側は「支払い不能になるなら、株を売却してほしい」と“身売り”まで要求している。解約となれば、スカイマークが支払う違約金は700億円に上るという。

 A380は2階建てで座席数が500以上の超大型機だ。

「最初からこうなると思っていました。契約上の6機の購入金額は合計1900億円ですよ。スカイマークの事業規模(14年3月期の総資産787億円)では過剰です。前払い金の負担も重く、破滅の道へとまっしぐらとみていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る