批判は野暮? スカイマークの「ミニスカ制服」ますます話題

公開日: 更新日:

 日本の航空会社としては初めて、エアバスの中型機A330の導入を決めたスカイマークが7日、足元が広い座席やミニスカCAの制服などを披露した。

 5月31日から羽田―福岡、9月から羽田―那覇、来年1月から羽田―札幌を飛ぶが、注目はやっぱり、ミニスカCAだ。就航から半年間はご覧の膝上15センチのワンピースでサービスしてくれるのだ。

■「セクハラ誘発」でピリピリ

 一気に男性客の人気を集めそうだが、実はこのワンピース、「露骨なセクシー路線で下品」という批判もあるという。航空労組連絡会加盟のCAでつくる「客室乗務員連絡会」は「セクハラ行為を誘発しかねない」と言っている。そんな野暮な…と思って、元JALのCAにも聞いてみたら、こう言われてしまった。

「相当CAからは批判が出ると思います。CAは背伸びしたり、段を上がって、荷物の収納の蓋が閉まっているかをチェックする。下着が見えるかどうかのギリギリになると思います。JALも昔は超ミニスカートの時代がありました。濃紺のワンピースでしたが、あのときはみんな紺や黒の下着を着けて自己防衛した。スカイマークさんも大手とLCCのはざまで、苦しいのでしょうね。話題作りでしょうが、セクハラ行為が露呈した時に経営陣は対応に苦慮すると思いますよ」

 スカイマークの西久保慎一社長は「若々しさや元気さを出したかった。無理に着させず、希望するCAを選ぶ」と言っていた。だったら、大歓迎なんだけど、さて、何人着てくれますか…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  10. 10

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

もっと見る