【スカイマーク】スカート丈と同様に福利厚生もカット

公開日: 更新日:

 ミニスカ客室乗務員で話題の同社。一時は大手との価格競争で赤字に転落したが、機内サービスの有料化や経費の節減で黒字転換を果たした。

 地上勤務のAさん(27)の年収は290万円。
「地方勤務ならまだしも、東京でこの給料ですからしんどいですね。入社後の3年間は経営的にドン底でしたのでボーナスはなし。客室乗務があれば500万円くらいはもらえますが、男性ですから、そこは難しい。大手さんと違って何でも自分たちがしなければなりませんし、福利厚生も、住宅補助が賃料の1割、食事補助はありません。自社航空券だって1往復を支給される程度なんです。飛行機好きでも辞めちゃう会社です」(Aさん)

 スカイアテンダントと呼ばれる乗務員は、最初はすべて契約社員。3年間勤務すると、正社員登用試験が受けられる仕組み。

 Aさんは、「女性が多い職場で産休後に復帰される方も多いですね。業務もFA(乗務員)やKD(国内線地上業務)だけでなく、本社や予約センターなど多岐にわたりますから、希望を出せば異動ができます。残業はあまりなく、定時で帰れることや休暇を取りやすいことが唯一の利点。とにかくこれからの会社という感じです」と話す。

 今後、航空業界の“天空”として輝けるのかに注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  4. 4

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  5. 5

    佐藤栄作超えも黄信号 囁かれ始めた史上最長政権の末路

  6. 6

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

  7. 7

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  8. 8

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る