【スカイマーク】スカート丈と同様に福利厚生もカット

公開日:  更新日:

 ミニスカ客室乗務員で話題の同社。一時は大手との価格競争で赤字に転落したが、機内サービスの有料化や経費の節減で黒字転換を果たした。

 地上勤務のAさん(27)の年収は290万円。
「地方勤務ならまだしも、東京でこの給料ですからしんどいですね。入社後の3年間は経営的にドン底でしたのでボーナスはなし。客室乗務があれば500万円くらいはもらえますが、男性ですから、そこは難しい。大手さんと違って何でも自分たちがしなければなりませんし、福利厚生も、住宅補助が賃料の1割、食事補助はありません。自社航空券だって1往復を支給される程度なんです。飛行機好きでも辞めちゃう会社です」(Aさん)

 スカイアテンダントと呼ばれる乗務員は、最初はすべて契約社員。3年間勤務すると、正社員登用試験が受けられる仕組み。

 Aさんは、「女性が多い職場で産休後に復帰される方も多いですね。業務もFA(乗務員)やKD(国内線地上業務)だけでなく、本社や予約センターなど多岐にわたりますから、希望を出せば異動ができます。残業はあまりなく、定時で帰れることや休暇を取りやすいことが唯一の利点。とにかくこれからの会社という感じです」と話す。

 今後、航空業界の“天空”として輝けるのかに注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る