【スカイマーク】スカート丈と同様に福利厚生もカット

公開日: 更新日:

 ミニスカ客室乗務員で話題の同社。一時は大手との価格競争で赤字に転落したが、機内サービスの有料化や経費の節減で黒字転換を果たした。

 地上勤務のAさん(27)の年収は290万円。
「地方勤務ならまだしも、東京でこの給料ですからしんどいですね。入社後の3年間は経営的にドン底でしたのでボーナスはなし。客室乗務があれば500万円くらいはもらえますが、男性ですから、そこは難しい。大手さんと違って何でも自分たちがしなければなりませんし、福利厚生も、住宅補助が賃料の1割、食事補助はありません。自社航空券だって1往復を支給される程度なんです。飛行機好きでも辞めちゃう会社です」(Aさん)

 スカイアテンダントと呼ばれる乗務員は、最初はすべて契約社員。3年間勤務すると、正社員登用試験が受けられる仕組み。

 Aさんは、「女性が多い職場で産休後に復帰される方も多いですね。業務もFA(乗務員)やKD(国内線地上業務)だけでなく、本社や予約センターなど多岐にわたりますから、希望を出せば異動ができます。残業はあまりなく、定時で帰れることや休暇を取りやすいことが唯一の利点。とにかくこれからの会社という感じです」と話す。

 今後、航空業界の“天空”として輝けるのかに注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  8. 8

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  9. 9

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る