深夜休止1100店 すき家は今度こそワンオペやめるのか

公開日:  更新日:

 今年の「ブラック企業大賞」の候補にノミネートされた牛丼チェーン大手の「すき家」。運営するゼンショーホールディングス(HD)は全店舗の6割弱に当たる1167店で「深夜営業」を休止すると発表した。

 接客から調理、片づけすべての仕事を店員が1人でこなす、「ワンオペ」と呼ばれる深夜時間帯に行われていた勤務体制を9月末までに解消すると表明していたが、人手が確保できず、深夜営業そのものを休止せざるを得なくなったという。

「ブラック企業対策プロジェクト」の佐藤学氏がこう言う。
「それにしても、すき家の労働環境はひど過ぎました。ワンオペは“ブラックバイト”の典型例です。有識者でつくるすき家の第三者委員会でも、<10時間もトイレに行けない><強盗事件が多発する><交代する人がいなくて2週間自宅に帰れない>といった過酷な労働環境が指摘されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る