日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

店員の爆睡写真が流出 「すき家」ゼンショーの言い分は?

 牛丼チェーン大手「すき家」の店員が営業中に爆睡していた写真をツイッター上に拡散されて話題になっている。ツイッターへの投稿者によると、撮影されたのは25日午前3時ごろ。〈15分くらい待っても誰もでてこないから厨房見に行ったらイヤホンして寝ていた〉らしい。

 ゼンショー広報は「写真の男性が弊社のアルバイトということは分かっていますが、その他の事実関係は確認中」と言う。写真を撮られた時、店にはこのバイト店員1人しかいなかったようだ。

 すき家といえば、以前から「ワンオペ」と呼ばれる深夜の1人勤務体制がハード過ぎて、「職場環境が悪い」と指摘されてきた。その影響からか、今年2~4月には、人員不足などで最大123店舗が一時休業や時間帯休業に追い込まれた。

 今月17日に、すき家はこうした事態を認め、「労働環境の改善に向けた施策」として、分社化や第三者委員会の設置を発表したばかり。その直後の店員の爆睡写真である。

「深夜営業と1人営業の見直しも進めていきます。閉店している店は人員が確保でき次第、順次開店する予定ですが、なにぶん人手不足が深刻で、開店できない店もあるかもしれません」(ゼンショー広報)

 勤務中に眠くなるほど、疲れ果てていたのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事