税収不足なのに…6カ国に在外公館を新設する外務省の言い分

公開日:  更新日:

 政府・与党が総額約96兆3400億円となる2015年度一般会計予算を決めた。14年度当初予算に比べて4600億円ほど増え、過去最大となる見通しだ。「税収が足りない」と言って消費税増税しながら、この大盤振る舞いには呆れるが、中でも許せないのが外務省だ。

 外務省の15年度予算は6854億円で、14年度から約200億円の増額だ。理由のひとつは、在外公館の新設だ。

 岸田外相は11日、麻生財務相と折衝し、新たに6カ国に大使館を設置することを決めた。モルディブ、ソロモン諸島、バルバドス、タジキスタン、トルクメニスタン、モルドバで、失礼ながら日本人にはチト馴染みが薄い国ばかり。一体なぜ、今、新設する必要があるのかサッパリだ。

 外務省は「『安倍地球儀俯瞰外交』の下、各国との密接な関係を築くのが目的」(報道課)と言うが、それなら新設費用を使って中国や韓国など近隣諸国と「密接な関係」を築く方がよっぽど先だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る