元裁判官がトイレ盗撮 「法の番人」法務省秘書課の言い分

公開日:  更新日:

 法の番人が聞いてあきれる。元裁判官で、法務省の男性元幹部(50)が21日、省内の女子トイレにカメラを仕掛けて盗撮したとして、先月、迷惑防止条例違反容疑で警視庁に事情聴取されていたことがわかった。

 ところが、法務省はこの事実を公表しなかったどころか、「捜査中のため、コメントできない」(秘書課)と木で鼻をくくった対応。先月の事件なのに、「詳細がわからない」の一点張りだ。

 よほど身内をかばいたい事情でもあるのか、現在の所属部署や肩書さえ、「公表できない」(同)ときた。盗撮すれば、一般人でも実名や顔写真を公表されるケースもあるのに、法務省のキャリア官僚なら許されるのだろうか。

■幹部ポストからヒラに降格

「Kという人物です。今月、財産訟務管理官という幹部ポストからヒラの法務事務官(大臣官房付)に降格されたので、おかしいという声は出ていた。Kは、仙台地裁や東京地裁を経て、昨年は司法試験の委員も務めています。マスコミにバレなければ、そのまま事件は闇に葬られていた可能性もありますね」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る