元裁判官がトイレ盗撮 「法の番人」法務省秘書課の言い分

公開日: 更新日:

 法の番人が聞いてあきれる。元裁判官で、法務省の男性元幹部(50)が21日、省内の女子トイレにカメラを仕掛けて盗撮したとして、先月、迷惑防止条例違反容疑で警視庁に事情聴取されていたことがわかった。

 ところが、法務省はこの事実を公表しなかったどころか、「捜査中のため、コメントできない」(秘書課)と木で鼻をくくった対応。先月の事件なのに、「詳細がわからない」の一点張りだ。

 よほど身内をかばいたい事情でもあるのか、現在の所属部署や肩書さえ、「公表できない」(同)ときた。盗撮すれば、一般人でも実名や顔写真を公表されるケースもあるのに、法務省のキャリア官僚なら許されるのだろうか。

■幹部ポストからヒラに降格

「Kという人物です。今月、財産訟務管理官という幹部ポストからヒラの法務事務官(大臣官房付)に降格されたので、おかしいという声は出ていた。Kは、仙台地裁や東京地裁を経て、昨年は司法試験の委員も務めています。マスコミにバレなければ、そのまま事件は闇に葬られていた可能性もありますね」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る