ゴースト「新垣氏はいいコ」 起用継続決めた映画社の言い分

公開日: 更新日:

 世間に嘘八百デタラメの疑いを抱かせたまま、雲隠れしている自称作曲家に対し、ゴーストライターとして片棒担ぎを懺悔(ざんげ)した新垣隆氏(43)には一筋の光明が――。

 25歳の頃から18年間、非常勤講師を務めてきた桐朋学園大学には新垣氏の教え子や音楽関係者らの署名が寄せられ、決定が下された退職がいったん、白紙に。先週に入り、改めて本人が辞表を提出したと、一部メディアが報じた。
 大学側に問い合わせてみると、「HPで発表していることがすべて。他のコメントは差し控えさせていただきます」(総務部)。

 とりあえず「精査した上で厳正に対処する」という発表で勘弁してくれよ、ということらしいが、長年、新垣氏に仕事を依頼していた「マツダ映画社」専務の松戸誠氏は、「本人の意向もあるでしょうが」と前置きした上で“続投”を明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る