ゴースト「新垣氏はいいコ」 起用継続決めた映画社の言い分

公開日:  更新日:

 世間に嘘八百デタラメの疑いを抱かせたまま、雲隠れしている自称作曲家に対し、ゴーストライターとして片棒担ぎを懺悔(ざんげ)した新垣隆氏(43)には一筋の光明が――。

 25歳の頃から18年間、非常勤講師を務めてきた桐朋学園大学には新垣氏の教え子や音楽関係者らの署名が寄せられ、決定が下された退職がいったん、白紙に。先週に入り、改めて本人が辞表を提出したと、一部メディアが報じた。
 大学側に問い合わせてみると、「HPで発表していることがすべて。他のコメントは差し控えさせていただきます」(総務部)。

 とりあえず「精査した上で厳正に対処する」という発表で勘弁してくれよ、ということらしいが、長年、新垣氏に仕事を依頼していた「マツダ映画社」専務の松戸誠氏は、「本人の意向もあるでしょうが」と前置きした上で“続投”を明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る