「良質なイジメある?」尾木ママが激怒した青森教委の言い分

公開日: 更新日:

「いじめの本質を全く理解していない」――。“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏がカンカンだ。

 7月に青森県立八戸北高の女子生徒(当時17)が自殺した問題。県教委の第三者機関「いじめ防止対策審議会」は23日、「いじめが自殺の原因ではない」と結論付けた。それに尾木ママがブログで怒りを表明。ネット上で話題になっている。

 同審議会はいじめの可能性がある21件の“容疑”のうち「女子生徒を無視する」「LINEで悪口を言う」などの7件について、いじめと認定。ところが、自殺の原因は「摂食障害など複合的な要因がつながった」と因果関係を否定したのだ。

「確かに、摂食障害といじめの時期が重なっていましたが、本人の書いたメモなどを確認した結果、摂食障害といじめの因果関係はないと分かりました。メモの内容? プライバシーがあるので、教えられません」(青森県学校教育課担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る