• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上場3カ月で赤字転落…「gumi」國光宏尚社長の“虚言癖”

「ゲームで世界一になります」「時価総額8兆円を目指す」と大風呂敷を広げて上場前に128億円を集めた男は、トンだ食わせ者だったらしい。昨年12月18日に東証1部に上場したゲーム会社「gumi」の社長・國光宏尚氏(41)だ。

 上場から3カ月で、今年4月期の業績見通しを13億円の黒字から4億円の赤字に下方修正。1月30日に30億円を無担保で借り入れていたことも、“後出しジャンケン”で判明した。先週末には希望退職や資産売却も発表したため、同社株は一時、公募価格の62%減まで売り込まれた。ネットの寵児の転落は、ロイターが世界に配信する騒ぎになっている。

 時価総額8兆円は、JT、ソフトバンク、NTTに肩を並べる。新興企業が狙えるレベルじゃない。なぜ、こんな“虚言癖”がまかり通るのか。

「自分を美化するのがうまいんです。今年2月号のフォーブスジャパンでは、ツイッターが飛躍の足掛かりになったイベントを引き合いに出し、創業の経緯を語っています。『それ(ツイッター)を見て“おおっ”と思ったんです。これからは人中心のソーシャルウェブが来ると。これを先にモバイルでやれば、勝てる』と。ところが、今の本業はソーシャルウェブではなく、ゲーム。そのブレについて、『“俺はここに賭ける”というのはブレていないんです』と精神論でゴマカすありさまです」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る