上場3カ月で赤字転落…「gumi」國光宏尚社長の“虚言癖”

公開日:  更新日:

「ゲームで世界一になります」「時価総額8兆円を目指す」と大風呂敷を広げて上場前に128億円を集めた男は、トンだ食わせ者だったらしい。昨年12月18日に東証1部に上場したゲーム会社「gumi」の社長・國光宏尚氏(41)だ。

 上場から3カ月で、今年4月期の業績見通しを13億円の黒字から4億円の赤字に下方修正。1月30日に30億円を無担保で借り入れていたことも、“後出しジャンケン”で判明した。先週末には希望退職や資産売却も発表したため、同社株は一時、公募価格の62%減まで売り込まれた。ネットの寵児の転落は、ロイターが世界に配信する騒ぎになっている。

 時価総額8兆円は、JT、ソフトバンク、NTTに肩を並べる。新興企業が狙えるレベルじゃない。なぜ、こんな“虚言癖”がまかり通るのか。

「自分を美化するのがうまいんです。今年2月号のフォーブスジャパンでは、ツイッターが飛躍の足掛かりになったイベントを引き合いに出し、創業の経緯を語っています。『それ(ツイッター)を見て“おおっ”と思ったんです。これからは人中心のソーシャルウェブが来ると。これを先にモバイルでやれば、勝てる』と。ところが、今の本業はソーシャルウェブではなく、ゲーム。そのブレについて、『“俺はここに賭ける”というのはブレていないんです』と精神論でゴマカすありさまです」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る