大塚家具 久美子社長を勝利に導いた「女官兵衛」の戦術と辣腕

公開日: 更新日:

 娘・大塚久美子社長(47)の勝利で一応の決着がついた「大塚家具」。その陰には“女軍師”の存在があったといわれる。2013年3月から大塚家具の取締役を務め、株主総会でも再任された長沢美智子弁護士(63)だ。

 委任状争奪戦(プロキシファイト)では、勝負の鍵を握るといわれた日本生命(5.8%)と東京海上日動火災(3.2%)などの金融機関から支持を取り付け、娘を勝利に導いた。

「所属する『東京丸の内法律事務所』は、かなり有力な弁護士事務所です。金融機関にも顔が利くし、金融庁などの役所にもパイプがある。機関投資家の行動原則『スチュワードシップ・コード』に沿うと、父・勝久氏の株主提案は“敵対行為”とみなされ、金融機関はそれに加担することはできない。長沢氏はそのあたりを指摘しながら、支持を取り付けたのではないでしょうか」(経済ジャーナリストの有森隆氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る