東洋ゴム免震偽装底なし 本当に元課長代理の“単独犯”なのか

公開日: 更新日:

 東洋ゴム工業の免震偽装問題が、底なしの展開になってきた。過去に販売した免震ゴムのほぼ全てに偽装の可能性が出てきたのだ。

 東洋ゴムが「これまで公表した以外の製品でも国の認定基準を満たしていない疑いがある」と公表したのは25日のこと。55棟に使用が確認された偽装免震ゴムだけでなく、より古いタイプの免震ゴムにもデータ改ざんが見つかったのだ。

 このタイプはマンションや病院など129棟に使われており、現時点で51棟から偽装の疑いのある製品が見つかった。公表済みの55棟を含めると、免震偽装の疑いのある建物は計184棟。一気に3倍以上に膨らむのだが、驚くのはまだ早い。

 新たに改ざんが見つかった製品も管理を任されていたのは、先の製品のデータを改ざんした50代の元課長代理ひとりだけ。社内調査を受け、「他の製品にも不正操作を行っていた」と認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る