専門家がアドバイス 年内1ドル=130円に備える資産防衛術

公開日:  更新日:

 庶民にとっては、さらなる地獄の幕開けだ。

 2日の東京外国為替市場の円相場は、米経済指標が良好だったことを背景に、約12年半ぶりに一時1ドル=125円台前半に下落した。

 米国の年内利上げ観測が強まり、市場では日米金利差の拡大を見込んだ円売り・ドル買い。つまり、円安基調は当面続くという見方が多い。

「すでに『年内130円台』なんて声も上がっています」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)

 帝国データバンクによると、4月の「円安関連倒産」は35件判明。前年同月比52%増と、集計を開始した2013年1月から16カ月連続で増加している。累計で634件と、600件の大台を突破した。

 同社東京支社情報部の内藤修氏が言う。


「5月分は現在集計中ですが、17カ月連続になりそうです。この1、2週間で一段進んだ円安の影響は数カ月後、8~9月から年末にかけて出てきます。ただでさえ、2年超の円安局面で経営体力を奪われてきた中小・零細企業、特に輸入依存度の高い繊維・アパレル、食料品関連にとって、これ以上の円安は死活問題です。年末にかけ、全体の倒産件数をさらに押し上げる可能性は高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る