実質1ドル300円 40年ぶり円安水準で日本の富が搾取される

公開日: 更新日:

 1973年――。41年前の年末には、ぴんからトリオの「女のみち」が街中で流れていた。沢田研二「危険なふたり」、かぐや姫「神田川」もこの年のヒット曲。山口百恵のデビューも73年だ。

 こんな古い話を持ち出したのは、日本の生活実感が、当時に逆戻りしている可能性があるからだ。安倍政権と黒田日銀はデフレ脱却を掲げ、円安を加速させた。株価こそ上昇したものの、庶民は輸入インフレで苦しみ続けている。

 10月末の追加金融緩和“黒田バズーカ2”で円安は一段と加速し、12月半ばに1ドル=121円台まで下落。市場関係者は「7年4カ月ぶりの円安水準」と指摘したが、“真の円安水準”は、そんなレベルではなかった。

「通貨の実力を測る指標に実質実効為替レートがあります。米ドルだけでなく、複数の通貨を対象とし、各国の物価上昇率などを調整したうえで算出する数値です。この指数を見る限り、現在の円の実力は約40年前と同じなのです」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る