杭打ち“新事実”で関係悪化 「三井vs.旭化成」泥仕合の行く末

公開日:  更新日:

 横浜市のマンション傾斜問題の新展開で、旭化成サイドが反撃開始だ。これまで強固な地盤「支持層」に未到達とされてきた杭6本のうち、5本の「根固め」が支持層に届いている可能性が出てきた。10月31日と11月1日の住民説明会で、元請けの三井住友建設が認めたという。

 根固めとは、杭を打ち込む穴の底にセメントを流し込み、杭の先端を補強する部分を指す。専門家によると、値固め部分が支持層に届いていれば、一定程度の支持力を持つ。

 問題発覚から約1カ月。販売元の三井不動産レジデンシャルの調査に基づき、「建物を支える52本の杭のうち28本を調べたところ、6本が支持層に未到達」と伝えられてきた。

 杭工事を請け負った旭化成建材の派遣社員の現場責任者によるデータ偽装も次々発覚。杭の未到達と結び付けて問題視されてきたが、“新事実”の発覚で局面はガラリと変わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る