杭打ち“新事実”で関係悪化 「三井vs.旭化成」泥仕合の行く末

公開日:  更新日:

 横浜市のマンション傾斜問題の新展開で、旭化成サイドが反撃開始だ。これまで強固な地盤「支持層」に未到達とされてきた杭6本のうち、5本の「根固め」が支持層に届いている可能性が出てきた。10月31日と11月1日の住民説明会で、元請けの三井住友建設が認めたという。

 根固めとは、杭を打ち込む穴の底にセメントを流し込み、杭の先端を補強する部分を指す。専門家によると、値固め部分が支持層に届いていれば、一定程度の支持力を持つ。

 問題発覚から約1カ月。販売元の三井不動産レジデンシャルの調査に基づき、「建物を支える52本の杭のうち28本を調べたところ、6本が支持層に未到達」と伝えられてきた。

 杭工事を請け負った旭化成建材の派遣社員の現場責任者によるデータ偽装も次々発覚。杭の未到達と結び付けて問題視されてきたが、“新事実”の発覚で局面はガラリと変わってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る