マンション暴落危機 旭化成データ公表延期で疑心暗鬼に拍車

公開日:  更新日:

 旭化成建材による杭打ち工事のデータ改ざん問題は、底なし沼の様相だ。30日は、3年前に改築工事が行われた東京都江東区立中学の校舎でも転用が明るみになった。データ流用の発覚は北海道2件、横浜2件に続いて5件に増えた。

 親会社の旭化成もパニック状態だ。旭化成建材が過去10年間に行った杭打ち工事3040件の調査の進捗状況をきのう公表する予定だったが、夕方になって急きょ中止を決定した。よほど読みが甘かったのか、手に負えないほど不正物件数が膨れ上がったのか。

「元請け建設会社との確認が難航し、まず国交省に報告すべきところ、それが不可能な状況になってしまい、今回の公表は取りやめになりました。いつ公表できるかは現時点では分かりません」(旭化成広報室)

 横浜の傾斜マンションを担当した契約社員が関与した9都県41件の調査については、予定通り11月2日に公表するという。もともと旭化成は、この契約社員にすべての責任を負わせようとしてきたフシがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る