矢面に立たず…三井不動産は売り主責任を問われないのか?

公開日:  更新日:

 旭化成建材による施工データ偽装事件は底なし沼の広がりを見せている。

 旭化成は先月30日に予定されていた会見をドタキャン。ようやく開いた2日の会見でも、調査委員会委員長の立場で出てきた平居正仁副社長が問題の時期に旭化成建材の役員だったことを指摘され、オロオロ。見ちゃいられない会見だったが、ここで浮かぶ素朴な疑問は、売り主が全然出てこない「なぜ?」である。

 今回発覚した横浜の傾斜マンションは、三井不動産レジデンシャルが2006年から分譲した「パークシティLaLa横浜」。住民は当然、三井不動産ブランドに魅せられて、一生の買い物をしたのであって、旭化成ばかりが頭を下げ、世間のバッシングが集中している社会風潮にはどこか違和感を覚えるのだ。経済ジャーナリストの井上久男氏が言う。

「欧米ではまず、売り主責任が問われますよ。マクドナルドのチキンナゲットに問題があれば、中国の生産者ではなく、マックが釈明に追われる。これが当たり前です。ところが、日本は売り主責任が曖昧で、消費者もそれを許してしまっている。コンビニのPB商品に問題があれば、それを売っているコンビニに問題があるのに、製造元に責任をおっかぶせるような風潮がある。今度の偽装データも同じです。大手のディベロッパーが下請けを安く買い叩いて、問題があれば、そこの責任にしてしまうのであれば、売り主は全くリスクを取らないことになってしまう。消費者庁はもっと売り主の責任を明確にしなければいけません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る