世界同時株安止まらず 東証大引け史上初の年初来6日続落

公開日: 更新日:

 世界同時株安に歯止めがかからない。連休明け12日の東京株式市場は、海外主要株式市場の不安定な値動きや原油相場の下落、円高で投資家が運用リスクを回避する動きが強く、スタートからほぼ全面安の展開に。

 日本時間午前10時半から取引が始まった中国・上海株式市場で上海総合指数が一時、心理的節目である3000の大台を下回ったことも加わり、さらに投資家心理が冷え込んだ。

 終値は前週末比479円安の1万7218円96銭。年初からの下げ幅は約1800円。史上初となる年初来6営業日連続の下げを記録した。

 日本が休場だった11日、上海株式相場が暴落。最近の中国通貨、人民元相場の急ピッチの下落で、資本流出に対する投資家の警戒感が高まり、上海総合指数の終値は同5・32%安と約4カ月ぶりの低水準となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る