申年相場は上昇気配…株価倍増が狙える「お年玉」21銘柄

公開日: 更新日:

 5年連続の株高は実現するか――。申年(2016年)相場の最大テーマだ。

「日経平均は大納会(終値)を比較すると、4年連続で上昇しました。今年も上昇だと、バブル崩壊後の新記録です」(市場関係者)

 15年の日経平均は前年比で約9%上昇した。1月に1万7000円台で始まり、4月には15年ぶりとなる2万円に乗せ、大納会(30日)でも1万9000円台をキープした。

「16年は中国リスクや、地政学的リスク、原油安など悪材料も多く、油断は禁物ですが、過去の申年相場は4勝1敗と好調です。5年連続の株高は十分期待できます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 相場格言は「申酉騒ぐ」。ジンクス通り、申年の株価は平均10%上昇している。

「個別銘柄で狙いたいのはTPP関連でしょう。間違いなく今年の主役です。サカタのタネや井関農機、農薬関連のアグロカネショウは、すでに株高傾向ですが、今後の世界市場への進出を考えれば、ここから先の株価倍増も夢ではありません」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る