申年相場は上昇気配…株価倍増が狙える「お年玉」21銘柄

公開日: 更新日:

 5年連続の株高は実現するか――。申年(2016年)相場の最大テーマだ。

「日経平均は大納会(終値)を比較すると、4年連続で上昇しました。今年も上昇だと、バブル崩壊後の新記録です」(市場関係者)

 15年の日経平均は前年比で約9%上昇した。1月に1万7000円台で始まり、4月には15年ぶりとなる2万円に乗せ、大納会(30日)でも1万9000円台をキープした。

「16年は中国リスクや、地政学的リスク、原油安など悪材料も多く、油断は禁物ですが、過去の申年相場は4勝1敗と好調です。5年連続の株高は十分期待できます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 相場格言は「申酉騒ぐ」。ジンクス通り、申年の株価は平均10%上昇している。

「個別銘柄で狙いたいのはTPP関連でしょう。間違いなく今年の主役です。サカタのタネや井関農機、農薬関連のアグロカネショウは、すでに株高傾向ですが、今後の世界市場への進出を考えれば、ここから先の株価倍増も夢ではありません」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る