日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大震災から5年も…関連倒産「いまだ月10件以上」の現実

「今年の3月11日は金曜日です。5年前の東日本大震災も金曜日でした。震災後、11日が金曜日なのは初めてです。それだけに金融市場は警戒を強めています」(銀行関係者)

 2011年3月11日午後2時46分――。震災の発生時刻は株式市場が開いていた。直後から株価は猛烈に下落。この日を境に日経平均は1万円の大台を割り込み、3月15日には8605円まで暴落している。その後も株価低迷は続き、1万円台回復は7月まで待たねばならなかった。

「不安を抱くのは当然でしょう。必要以上にナーバスになることはありませんが、5年前とどうしても重なります。無事過ぎればいいのですが……」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 震災関連倒産も続いている。東京商工リサーチは「震災から5年――東日本大震災関連倒産状況」をまとめた。そこには衝撃の数字が並んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事