宮城県沖で頻発する有感地震 専門家は「楽観視できず」と警鐘

公開日: 更新日:

 東北地方でまた不気味な動きだ。10月に入って宮城県沖で有感地震が頻発している。

 15日16時過ぎ(M3.8)、14日0時過ぎ(M4.4)、13日5時前(M3.7)と21時過ぎ(M3.4)と今週は連日発生している。先週も起きていて、6日夜から7日午前中にかけて6回も揺れた。

 日本気象協会のHPによると、「震源地ごとの地震観測回数」は宮城県沖がトップの55回(2015年7月7日~10月15日)だ。しかも、上位5エリアは、福島県沖(21回)、茨城県沖(21回)、岩手県沖(20回)、茨城県南部(18回)とすべて東北地方である。

 そこで気がかりなのは、11日に報じられ、注目されている東北大などの研究グループが行った調査結果である。宮城県の沖合の深さ7000メートルの海底に設置した観測機器で海底の動きを調べたところ、「プレート境界で再びひずみがたまり始めている可能性が高い」ということが分かったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る