震災補助金を野球部に? 夏準優勝の仙台育英に真相を直撃

公開日:  更新日:

 深紅の優勝旗の「白河の関越え」はかなわなかったものの、一時は4点差を追いつくなど健闘した仙台育英(宮城)。「悔しい。(応援してくれる人たちの)期待に応えられなかった」とは、佐々木監督だ。

 甲子園の決勝進出は01年のセンバツ以来。東北の強豪校が再び甲子園で優勝を狙えるまでに復活したのは、環境の変化が大きく影響している。

 仙台育英は11年の東日本大震災で、土のグラウンドだった専用球場が被害を受けた。それが13年3月には見事な人工芝の球場に生まれ変わった。室内練習場も改修され、プロが使っているものと比べても遜色なくなった。

 あるスカウトが言う。

「寒い東北地方では天然芝の球場は整備が非常に難しい。ほとんどの学校は土のグラウンドなので、雨や雪の影響を受けやすいですからね。その点、人工芝は水はけが良い。一年中グラウンドを使えるというのは、大きなメリットですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る