スマホゲーム巡り立ち入り検査 LINE上場またまた絶望的

公開日: 更新日:

 関東財務局が「LINE」本社に立ち入り検査に入っていたことが発覚。同局はスマホゲームに資金決済法の規則に触れる疑いがあるとみているが、LINEは6日、「規制対象に当たらない」と反論した。LINEは今夏前にも東京とニューヨークで1兆円規模の同時上場が取り沙汰されたばかり。何があったのか。

 問題になっているのは、LINEのスマホゲーム内でクレジットカードなどを使って購入する「アイテム」。これが“通貨”にあたるかが、焦点になっている。

「資金決済法では、仮想通貨などを『前払式支払手段』と定義し、利用者が買って未使用の残高が1000万円を超える場合、発行者は半額を法務局に供託する義務を定めています。会社が破産しても、購入者に未使用の通貨を戻すためです。LINEは『アイテムは通貨にあたらない』と主張しますが、当局は、LINEがゲームのシステムを変更するなどして規制を逃れ、数十億円に上る供託金から免れようとしていたとみています」(財務局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る