スマホゲーム巡り立ち入り検査 LINE上場またまた絶望的

公開日:  更新日:

 関東財務局が「LINE」本社に立ち入り検査に入っていたことが発覚。同局はスマホゲームに資金決済法の規則に触れる疑いがあるとみているが、LINEは6日、「規制対象に当たらない」と反論した。LINEは今夏前にも東京とニューヨークで1兆円規模の同時上場が取り沙汰されたばかり。何があったのか。

 問題になっているのは、LINEのスマホゲーム内でクレジットカードなどを使って購入する「アイテム」。これが“通貨”にあたるかが、焦点になっている。

「資金決済法では、仮想通貨などを『前払式支払手段』と定義し、利用者が買って未使用の残高が1000万円を超える場合、発行者は半額を法務局に供託する義務を定めています。会社が破産しても、購入者に未使用の通貨を戻すためです。LINEは『アイテムは通貨にあたらない』と主張しますが、当局は、LINEがゲームのシステムを変更するなどして規制を逃れ、数十億円に上る供託金から免れようとしていたとみています」(財務局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る