• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

LINE&ベッド写真流出…狩野英孝“第2のベッキー”へ一直線

 お笑いタレントの狩野英孝(33)をめぐる、“三角関係騒動”が泥沼化している。

 発端は歌手の川本真琴(42)が先月25日に更新したツイッター。「半年まえから彼氏がいます」「(相手が)誰かは言えない」などとツイート。すると、一部スポーツ紙がこの相手が狩野であることを報じた。

 ところが、今度は別のスポーツ紙が狩野の“本命”がタレントの加藤紗里(25)であることを本人を直撃し報道。加藤は2日、自身のインスタグラムで「去年の12月からお互い事務所公認の上で狩野英孝さんとお付き合いさせていただいています」と交際宣言。さらに、「英孝からは川本真琴さんとゎ昔付き合っていたが半年前くらいからストーカー状態化になりつつあると聞いていました」と川本をストーカー呼ばわり。

 事実だったのか、川本は一連のツイートを削除。「これからは、音楽の事とみんなが楽しめる事をお届けします! 元気にしてます」と狩野への思いを吹っ切り、騒動は落ち着くかに見えたが、そうは問屋が卸さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る