• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上司にLINEで「よろしく」 2016年新入社員の“特徴”は?

 4月にはどんな新入社員が入ってくるのか。流通・サービス業ではすでに新人研修が始まっているところも多いが、受け入れる側としてワクワクや不安を抱いている上司も多い。いつの時代もそうだが、常識を巡って新人と上司には温度差がある。「LINEで挨拶」はアリかナシか――。

「今月から始まった新人の事前研修で教育担当を任されているのですが、ある新人からLINEで『よろしくお願いします』と挨拶が来た。サラリーマン的には個人の携帯電話に失礼だし、そもそも『友だちじゃね~し』と思うのですが、これってどうでしょうか?」

 こう憤るのは、サービス企業の中堅社員、田中正義さん(仮名=30代)だ。後日、その新人を呼び出し、「社会人のマナーに反している」ときつく説教したという。

 ところが、我々の常識は彼にとっての非常識だ。国士舘大学講師でビジネス能力開発研究所代表の安重千代子氏によると、「今の学生にとってLINEを使うのは、むしろ謙虚な姿勢の表れ」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る