SNSでビジネス人脈作り 相手にインパクト残す分岐点は

公開日: 更新日:

 ビジネスマンの大半がフェイスブックやLINEを利用する今は、アカウントの交換も挨拶のうちだ。そこで「お友達」になっておけば、その後の連絡が取りやすい。その場で交換しなかったとしても、のちほど検索し連絡を取ることも可能。メールと違ってアドレスを打ち込む必要がないから、簡単にやりとりができてしまう。プライバシーを公表する日々の書き込みに抵抗がある人にとっても、SNSは人脈づくりに有効なツールだ。

 ただし、相手にインパクトを残すには、連絡するタイミングや内容がポイントになる。豊富な人脈を持ち、多数のビジネス書を執筆している一橋大特任教授で三菱商事社外取締役の西山昭彦氏に聞いた。

■「その時」の会話を織り交ぜる

 タレントの坂上忍は、収録が終わると共演者の楽屋に挨拶に行き、その日のうちにお礼のメールも入れるという。週刊誌のコラムで書いていた。ビジネスの世界でも「その日のうち」は、昔から有効とされている。ちょっとした会合やパーティーで名刺交換した相手には、その日のうちにお礼のはがきを書く。そんな習慣を持つビジネスマンは少なくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る