SNSでビジネス人脈作り 相手にインパクト残す分岐点は

公開日:  更新日:

 ビジネスマンの大半がフェイスブックやLINEを利用する今は、アカウントの交換も挨拶のうちだ。そこで「お友達」になっておけば、その後の連絡が取りやすい。その場で交換しなかったとしても、のちほど検索し連絡を取ることも可能。メールと違ってアドレスを打ち込む必要がないから、簡単にやりとりができてしまう。プライバシーを公表する日々の書き込みに抵抗がある人にとっても、SNSは人脈づくりに有効なツールだ。

 ただし、相手にインパクトを残すには、連絡するタイミングや内容がポイントになる。豊富な人脈を持ち、多数のビジネス書を執筆している一橋大特任教授で三菱商事社外取締役の西山昭彦氏に聞いた。

■「その時」の会話を織り交ぜる

 タレントの坂上忍は、収録が終わると共演者の楽屋に挨拶に行き、その日のうちにお礼のメールも入れるという。週刊誌のコラムで書いていた。ビジネスの世界でも「その日のうち」は、昔から有効とされている。ちょっとした会合やパーティーで名刺交換した相手には、その日のうちにお礼のはがきを書く。そんな習慣を持つビジネスマンは少なくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る