俳優業そっちのけ “画伯”田辺誠一「LINEスタンプ」でボロ儲け

公開日:  更新日:

 このところ、芸能人の間でオイシイ副業として注目を集めているのが「LINEスタンプ」の販売だ。LINEユーザーが自由にスタンプを販売できる“LINEクリエイターズマーケット”は昨年5月にスタートし、今や年間約36億円規模の巨大市場に成長。芸能人は己の知名度を武器にスタンプを作成し、一獲千金を狙っているのだ。

「タレントや俳優の仕事のギャラを超える収入を手にする芸能人を“スタンパー”と呼んでいる。描き手には販売額の35%が収益として入って来るそうで、あわよくば億万長者と皆、目の色を変えて参入してますよ」(放送作家)

 現在、芸能界一のスタンパーとあがめ奉られているのがヘタウマな絵が話題となり、ネット上では「画伯」と呼ばれる俳優の田辺誠一(46)だ。昨年11月には自身が手掛けたイラストを「かっこいい犬。」と命名し、LINEスタンプで発売したところ大当たり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る