• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

LINEでバレる浮気の“落とし穴”…そのスタンプは要注意

 爆発的に利用者が増えた無料通話アプリのLINE。タダで連絡が取れる気軽なコミュニケーションツールとして重宝している人が多いが、便利な分、落とし穴もある。去年、プロレスラーが不倫相手に浮気のLINEをさらされたが、同じようなリスクは誰にでもある。

■「対策バッチリ」と過信している人ほど要注意

「自分は浮気がバレないように対策しているから大丈夫、なんて思っている男性は女の勘をナメています。奥さまや彼女は常にLINEの浮気を疑い、見破る方法を研究していると思ってください。対策を打ったつもりが、逆に嫌疑をかけられる結果になりかねません」

 こう言うのは、独身女性向けサイト「東京独女スタイル」編集長の東香名子さん(31)だ。やっちゃいけない典型的パターンは“急なセキュリティーの強化”。突然、設定を変えてポップアップ表示を消去したり、ロックをかけると怪しまれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る