LINEでバレる浮気の“落とし穴”…そのスタンプは要注意

公開日:  更新日:

 爆発的に利用者が増えた無料通話アプリのLINE。タダで連絡が取れる気軽なコミュニケーションツールとして重宝している人が多いが、便利な分、落とし穴もある。去年、プロレスラーが不倫相手に浮気のLINEをさらされたが、同じようなリスクは誰にでもある。

■「対策バッチリ」と過信している人ほど要注意

「自分は浮気がバレないように対策しているから大丈夫、なんて思っている男性は女の勘をナメています。奥さまや彼女は常にLINEの浮気を疑い、見破る方法を研究していると思ってください。対策を打ったつもりが、逆に嫌疑をかけられる結果になりかねません」

 こう言うのは、独身女性向けサイト「東京独女スタイル」編集長の東香名子さん(31)だ。やっちゃいけない典型的パターンは“急なセキュリティーの強化”。突然、設定を変えてポップアップ表示を消去したり、ロックをかけると怪しまれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る