LINEでバレる浮気の“落とし穴”…そのスタンプは要注意

公開日:  更新日:

 爆発的に利用者が増えた無料通話アプリのLINE。タダで連絡が取れる気軽なコミュニケーションツールとして重宝している人が多いが、便利な分、落とし穴もある。去年、プロレスラーが不倫相手に浮気のLINEをさらされたが、同じようなリスクは誰にでもある。

■「対策バッチリ」と過信している人ほど要注意

「自分は浮気がバレないように対策しているから大丈夫、なんて思っている男性は女の勘をナメています。奥さまや彼女は常にLINEの浮気を疑い、見破る方法を研究していると思ってください。対策を打ったつもりが、逆に嫌疑をかけられる結果になりかねません」

 こう言うのは、独身女性向けサイト「東京独女スタイル」編集長の東香名子さん(31)だ。やっちゃいけない典型的パターンは“急なセキュリティーの強化”。突然、設定を変えてポップアップ表示を消去したり、ロックをかけると怪しまれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る