ゼネコン株沸騰 ポケモンGO相場の次は“二階幹事長”銘柄?

公開日:  更新日:

 24日、8日間にわたるゴルフ三昧の夏休みを終えた安倍首相が帰京。8月3日に行う内閣改造・党役員人事に向けて準備を始めた。菅官房長官と麻生財務相などの主要閣僚は留任する見通しだが、注目を集めているのが谷垣幹事長の処遇だ。サイクリング中に転倒し脊椎の手術を受け、早期の復帰は難しいという見方が広まりつつある。

■30兆円規模の経済対策

「安倍首相はケガの回復の具合などを見て慎重に判断するでしょう。幹事長交代がある場合、現時点では岸田外相が有力です。一方、党内融和や対中関係、安定感など総合的な観点で、党内からは二階俊博総務会長の就任を望む声も聞こえてきます」(政治評論家・伊藤達美氏)

 二階氏は昨年早々に安倍の総裁再選論をぶち上げ、先週も「安倍総裁は中曽根元首相か、それ以上の活躍をしている」とヨイショ。他にも衆参ダブル選の見送りをいち早く発言したり今や安倍にとって、党内政局をまとめ上げる懐刀になりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る