ソフトバンク孫正義社長 「3兆円買収劇」は英断か迷走か

公開日: 更新日:

 まさか3兆円超えとは――。株式市場は“孫氏の兵法”に驚きを隠さない。

 ソフトバンクグループの孫社長は18日、英国で記者会見し、同国に本社を置く半導体設計会社の「ARM(アーム)ホールディングス」を買収すると発表した。買収額は240億ポンド(約310億米ドル、約3兆3000億円)で、日本企業のM&Aとしては過去最大規模だ。

「ソフトバンクは保有していたアリババ株などを売却し、ここへきて約2兆円を調達しています。孫社長は資金の使い道について大型の投資案件はないとしていましたが、水面下ではしっかり動いていた。ビックリです」(市場関係者)

 孫社長は「今こそ英国の将来を信じ投資すべきとき」と力を込め、「(今回の買収は)ブレグジット(英EU離脱)とは無関係」と話した。その通りだとしても、ブレグジットで英ポンドは急落し、現在は1ポンド=140円前後。ブレグジット前は160円水準だったので、円ベースでザッと4000億円を得した計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る