小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

“メガバンク会長”参加の前代未聞 トヨタ決算説明会で質問

公開日: 更新日:

「トヨタは設立して間もない頃に経営危機に瀕したことがあるのですが、その時、旧三井銀行が全面支援し、危機を脱した。情に厚いトヨタはこの時の恩を終生忘れず、現在も三井住友銀行がメインバンクを務める。また三菱UFJ銀行も前身の東海銀行がトヨタの主力銀行であったことから、今も関係が深い」(メガバンク幹部)

 三井住友銀行の宮田会長は旧三井銀行出身で、4月の人事でそれまでの持ち株会社会長を退き、銀行会長に専任したばかり。そこで旧三井銀行を代表して、トヨタの決算説明会に参加しようと思ったのだろう。

 一方、三菱UFJ銀行の三毛頭取は4月の人事で持ち株会社の社長も兼務したことから、三菱UFJフィナンシャル・グループを代表して参加したということか。

 宮田会長の質問に豊田社長は「ポートフォリオの中でトヨタ株は安定が求められる銘柄として組み込まれているのではないか」と指摘した上で、「経営環境が悪化しても着実に成長し続ける会社にしたい」と応じた。

 超低金利が継続する中、長引く経営環境の悪化に苦慮するメガバンクにとって、肝に銘じるべき回答だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る