中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

日米首脳会談でトランプ大統領が迫る米農産物の輸出拡大

公開日: 更新日:

 政府は4月25日、農林水産物の輸出拡大に向けた関係閣僚会議の初会合を首相官邸で開催した。議長は菅官房長官だ。日米貿易交渉の本格化を控え、米国からの農産物流入拡大の善後策も協議しただろう。5月9日に菅氏はワシントンでポンペオ国務長官と会談、拉致問題の連携確認と報じられたが、農産物についての協議もしたのではないだろうか。

 他方、大蔵省入省後、農林水産大臣秘書官などを務め、農林水産大臣だった加藤六月氏の娘婿となった自民党総務会長の加藤勝信氏が4月29日から5月3日まで訪米、米国の農業関係者とも接触したのではないか。

 7日には、全国農業協同組合中央会(JA全中)と国際協力機構(JICA)は、途上国の農業活性化を支援する協定を締結。全国の農協職員らを途上国に派遣し、農業用資材の共同購入など技術の普及を図るが、日本の農産物への理解も促進させ、将来の輸出先を確保することも狙いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る