中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

日米首脳会談でトランプ大統領が迫る米農産物の輸出拡大

公開日: 更新日:

 政府は4月25日、農林水産物の輸出拡大に向けた関係閣僚会議の初会合を首相官邸で開催した。議長は菅官房長官だ。日米貿易交渉の本格化を控え、米国からの農産物流入拡大の善後策も協議しただろう。5月9日に菅氏はワシントンでポンペオ国務長官と会談、拉致問題の連携確認と報じられたが、農産物についての協議もしたのではないだろうか。

 他方、大蔵省入省後、農林水産大臣秘書官などを務め、農林水産大臣だった加藤六月氏の娘婿となった自民党総務会長の加藤勝信氏が4月29日から5月3日まで訪米、米国の農業関係者とも接触したのではないか。

 7日には、全国農業協同組合中央会(JA全中)と国際協力機構(JICA)は、途上国の農業活性化を支援する協定を締結。全国の農協職員らを途上国に派遣し、農業用資材の共同購入など技術の普及を図るが、日本の農産物への理解も促進させ、将来の輸出先を確保することも狙いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る