“変則右腕”の仙台育英・佐藤世那 明治神宮大会優勝で脚光

公開日:  更新日:

 明治神宮大会は昨18日、高校の部の決勝が行われ、仙台育英(東北)が浦和学院(関東)を4―1で下し、2年ぶり2度目の優勝を飾った。仙台育英は東北に来春センバツの「神宮大会枠」をもたらした。東北大会から圧倒的な力で勝ち上がった。立役者はエースの佐藤世那(2年)。

 前日の準決勝に続いて1失点完投。強力浦学打線を寄せ付けなかった。

 注目はF1レーサーのアイルトン・セナ(故人)から取った名前だけではない。投球時に右腕を一塁側へ大きく伸ばし、しならせながら投じる140キロ台前半の直球と緩急をつけた2種類のフォークが武器。バックネット裏に陣取ったプロのスカウトは「あれだけ右腕が反り返るのは肩甲骨が柔らかい証拠。腕がしなるから球がホップする」と今大会で評価が急上昇したという。

 遊撃手の平沢大河(2年)と共に来年のドラフト上位候補に名乗りを上げた佐藤は「センバツでも優勝したい」と喜んだ。来春の主役候補の甲子園での投球に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る