“変則右腕”の仙台育英・佐藤世那 明治神宮大会優勝で脚光

公開日:  更新日:

 明治神宮大会は昨18日、高校の部の決勝が行われ、仙台育英(東北)が浦和学院(関東)を4―1で下し、2年ぶり2度目の優勝を飾った。仙台育英は東北に来春センバツの「神宮大会枠」をもたらした。東北大会から圧倒的な力で勝ち上がった。立役者はエースの佐藤世那(2年)。

 前日の準決勝に続いて1失点完投。強力浦学打線を寄せ付けなかった。

 注目はF1レーサーのアイルトン・セナ(故人)から取った名前だけではない。投球時に右腕を一塁側へ大きく伸ばし、しならせながら投じる140キロ台前半の直球と緩急をつけた2種類のフォークが武器。バックネット裏に陣取ったプロのスカウトは「あれだけ右腕が反り返るのは肩甲骨が柔らかい証拠。腕がしなるから球がホップする」と今大会で評価が急上昇したという。

 遊撃手の平沢大河(2年)と共に来年のドラフト上位候補に名乗りを上げた佐藤は「センバツでも優勝したい」と喜んだ。来春の主役候補の甲子園での投球に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る