“変則右腕”の仙台育英・佐藤世那 明治神宮大会優勝で脚光

公開日: 更新日:

 明治神宮大会は昨18日、高校の部の決勝が行われ、仙台育英(東北)が浦和学院(関東)を4―1で下し、2年ぶり2度目の優勝を飾った。仙台育英は東北に来春センバツの「神宮大会枠」をもたらした。東北大会から圧倒的な力で勝ち上がった。立役者はエースの佐藤世那(2年)。

 前日の準決勝に続いて1失点完投。強力浦学打線を寄せ付けなかった。

 注目はF1レーサーのアイルトン・セナ(故人)から取った名前だけではない。投球時に右腕を一塁側へ大きく伸ばし、しならせながら投じる140キロ台前半の直球と緩急をつけた2種類のフォークが武器。バックネット裏に陣取ったプロのスカウトは「あれだけ右腕が反り返るのは肩甲骨が柔らかい証拠。腕がしなるから球がホップする」と今大会で評価が急上昇したという。

 遊撃手の平沢大河(2年)と共に来年のドラフト上位候補に名乗りを上げた佐藤は「センバツでも優勝したい」と喜んだ。来春の主役候補の甲子園での投球に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る