ドラ1岡本は“坂本流”守備強化で早期育成 巨人二軍監督語る

公開日: 更新日:

「何もかも凄かった」

 巨人からドラフト1位指名された智弁学園の岡本和真内野手(18)ら、育成を含む7選手が4日、川崎市のジャイアンツ球場や寮を見学し、こう語った。

 寮では巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜が素振りを繰り返し、畳がボロボロになった部屋も見学。原監督が将来、「4番・三塁」と期待を寄せる岡本は冒頭のセリフの後、「努力しないとすごい選手にはなれないと思った」とボソリ。球団職員から「もうちょっと大きい声で!」と注意を受ける場面もあったが、高校通算73本塁打の183センチ、95キロの体格は威圧感十分だ。

「プロに入るだけじゃなくて活躍してこそプロなんだ」と新人に訓示した岡崎二軍監督に、岡本の育成法について聞いた。

「体が大きいよね。楽しみな選手。でも、まだプレーを見たことがないんだよ。臆測では言えないけど、高卒の野手が1年目から打撃も守備も両方ってのは難しい。打撃も守備も、大事なのはプロの速さやレベルにいかに順応できるか。(高卒野手の)大田、藤村、中井あたりは順調だとは思うけど時間がかかっているでしょう。ボクが見た中で一番は坂本。あんなに早く一軍に定着できるとは、正直、私たちの想像を超えていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る