ドラ1岡本は“坂本流”守備強化で早期育成 巨人二軍監督語る

公開日:  更新日:

「何もかも凄かった」

 巨人からドラフト1位指名された智弁学園の岡本和真内野手(18)ら、育成を含む7選手が4日、川崎市のジャイアンツ球場や寮を見学し、こう語った。

 寮では巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜が素振りを繰り返し、畳がボロボロになった部屋も見学。原監督が将来、「4番・三塁」と期待を寄せる岡本は冒頭のセリフの後、「努力しないとすごい選手にはなれないと思った」とボソリ。球団職員から「もうちょっと大きい声で!」と注意を受ける場面もあったが、高校通算73本塁打の183センチ、95キロの体格は威圧感十分だ。

「プロに入るだけじゃなくて活躍してこそプロなんだ」と新人に訓示した岡崎二軍監督に、岡本の育成法について聞いた。

「体が大きいよね。楽しみな選手。でも、まだプレーを見たことがないんだよ。臆測では言えないけど、高卒の野手が1年目から打撃も守備も両方ってのは難しい。打撃も守備も、大事なのはプロの速さやレベルにいかに順応できるか。(高卒野手の)大田、藤村、中井あたりは順調だとは思うけど時間がかかっているでしょう。ボクが見た中で一番は坂本。あんなに早く一軍に定着できるとは、正直、私たちの想像を超えていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る