燕ドラ1竹下真吾を育てた「祖母の夕ごはんと祖父の眼差し」

公開日: 更新日:

 東京でドラフト会議が行われた10月23日。母の眞弓さん(53)は北九州市の仕事場にいた。主に砥石の製造、販売をしている会社だ。午後5時。この時ばかりは会社中が仕事の手を休め、ドラフトの行方に注目していた。事務をしている眞弓さんの長男が指名されるといわれていたからだった。

 12球団のドラフト1位指名選手が決まり始めた。眞弓さんは会社のパソコンでドラフトの速報ページを開いていたが、たちまち画面を見ていられなくなった。

 竹下からは事前に「ヤクルトが指名してくれるみたいだよ」と聞いていた。小学校からの夢だったプロ野球選手になってほしいと願っていたけれど、それでも本当に息子が指名されるのか最後まで気が気ではなかった。

「期待しすぎて力まないようにね。指名されるまではわからないんだから。ダメだった時のことも考えないといけないよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る