燕ドラ1竹下真吾を育てた「祖母の夕ごはんと祖父の眼差し」

公開日:  更新日:

 東京でドラフト会議が行われた10月23日。母の眞弓さん(53)は北九州市の仕事場にいた。主に砥石の製造、販売をしている会社だ。午後5時。この時ばかりは会社中が仕事の手を休め、ドラフトの行方に注目していた。事務をしている眞弓さんの長男が指名されるといわれていたからだった。

 12球団のドラフト1位指名選手が決まり始めた。眞弓さんは会社のパソコンでドラフトの速報ページを開いていたが、たちまち画面を見ていられなくなった。

 竹下からは事前に「ヤクルトが指名してくれるみたいだよ」と聞いていた。小学校からの夢だったプロ野球選手になってほしいと願っていたけれど、それでも本当に息子が指名されるのか最後まで気が気ではなかった。

「期待しすぎて力まないようにね。指名されるまではわからないんだから。ダメだった時のことも考えないといけないよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る