燕ドラ1竹下真吾を育てた「祖母の夕ごはんと祖父の眼差し」

公開日:  更新日:

 東京でドラフト会議が行われた10月23日。母の眞弓さん(53)は北九州市の仕事場にいた。主に砥石の製造、販売をしている会社だ。午後5時。この時ばかりは会社中が仕事の手を休め、ドラフトの行方に注目していた。事務をしている眞弓さんの長男が指名されるといわれていたからだった。

 12球団のドラフト1位指名選手が決まり始めた。眞弓さんは会社のパソコンでドラフトの速報ページを開いていたが、たちまち画面を見ていられなくなった。

 竹下からは事前に「ヤクルトが指名してくれるみたいだよ」と聞いていた。小学校からの夢だったプロ野球選手になってほしいと願っていたけれど、それでも本当に息子が指名されるのか最後まで気が気ではなかった。

「期待しすぎて力まないようにね。指名されるまではわからないんだから。ダメだった時のことも考えないといけないよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る