日本のFA選手は建前ばかり なぜ「お金が一番」と言わない?

公開日: 更新日:

 ポスティングとは何だったのか。

 11月11日に国内FA権を行使したのがオリックスの金子千尋(31)だ。当時は「すべての可能性を考えたいと思って、こういう決断になった」と話し、ポスティング制度を行使した上でのメジャー移籍もほのめかしていた。

 が、2週間後の11月24日に「ポスティングはしない方向で考えている」と一転して国内残留宣言。いまだオリックスに残るのか移籍かの去就を明らかにしていない。一連の騒動はオリックスから好条件を引き出すための茶番だったのではともいわれている。

 中日の落合GMは現役時代、巨人にFA移籍する際、「一番お金を出してくれた球団に行く。プロとして一番評価してくれる球団に行くのは当たり前」と話していた。中日時代の福留も契約交渉で揉めると、「誠意とは言葉じゃなく金額です」と言い切ったが、ここまでハッキリいえる選手はなかなかいない。FA宣言したほとんどの選手は、より札束を積み上げてくれた球団へ行きたいのに、あれこれ移籍理由をつけてごまかしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る