日本のFA選手は建前ばかり なぜ「お金が一番」と言わない?

公開日:  更新日:

 ポスティングとは何だったのか。

 11月11日に国内FA権を行使したのがオリックスの金子千尋(31)だ。当時は「すべての可能性を考えたいと思って、こういう決断になった」と話し、ポスティング制度を行使した上でのメジャー移籍もほのめかしていた。

 が、2週間後の11月24日に「ポスティングはしない方向で考えている」と一転して国内残留宣言。いまだオリックスに残るのか移籍かの去就を明らかにしていない。一連の騒動はオリックスから好条件を引き出すための茶番だったのではともいわれている。

 中日の落合GMは現役時代、巨人にFA移籍する際、「一番お金を出してくれた球団に行く。プロとして一番評価してくれる球団に行くのは当たり前」と話していた。中日時代の福留も契約交渉で揉めると、「誠意とは言葉じゃなく金額です」と言い切ったが、ここまでハッキリいえる選手はなかなかいない。FA宣言したほとんどの選手は、より札束を積み上げてくれた球団へ行きたいのに、あれこれ移籍理由をつけてごまかしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る