日ハム大引 「ブチ切れFA宣言」の裏にある首脳陣との“確執”

公開日: 更新日:

日本ハムに残留? はっきり申し上げて、限りなく少ないです!」

 6日、こう言って国内FA権の行使を宣言したのが日本ハムの大引啓次(30)だ。

 会見では「残留の話をいただいた」「今季の成績を踏まえた評価、金額、条件提示をしてくれた」と球団に対する感謝の意を示しながらも、現場やグラウンド内の話になると表情が一変。こみ上げる怒りを抑え切れない様子で、「球団側は声をかけてくれたが、野球をやるのはグラウンド。来年も一緒にやろう、といったような言葉をいただけなかったのが、こういう結果に至った。栗山監督と一度、話ができればよかった」とまくしたてた。

 大引がキレた大きな原因は、どうやら首脳陣との確執らしい。

 開幕前のことだ。今季は主将に就任。守備の要の遊撃手として昨年以上に意欲を燃やして臨んだキャンプ、オープン戦でしばしば三塁を守らされた。代わりに遊撃のポジションに入ったのは6年目の中島(23)。日本ハムではケガに備えて選手が複数のポジションを守れるようにしておく。大引も事情は理解したものの、首脳陣のひとりが大引の守備を酷評、「レギュラーも危ない」と言ったのが、本人の耳に入ったといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る