狙いはオリとの条件闘争か FA金子に振り回される他球団

公開日: 更新日:

「残留するっていう話も出ているし……」

 在京球団の編成担当が困惑気味にこう言った。国内FA権を行使した金子千尋(31)のことだ。

 入札制度によるメジャー挑戦を視野に入れていた右腕は、右肘遊離軟骨の除去手術を受けるため、今オフのメジャー挑戦を封印。オリックス残留か国内他球団への移籍を含めて、今後、本格的な綱引きが始まる。ソフトバンクや中日、DeNAなどが獲得に関心を示しており、スポーツ紙はソフト、阪神が「4年20億円以上」の条件を用意していると報じている。

 だが、この右腕にそれほどの大金をつぎ込む価値があるのか、疑問視する声もある。

 前出の編成担当は「オリックスも3年15億円という好条件を出したと聞くし、手術をして開幕に間に合えばいいが、来オフのメジャー挑戦を考えていたら、あまり無理をしないかもしれない。12年には右肩、右肘の故障で4勝にとどまった前例がある。2度目の手術も気になるところ。それが怖い」と話せば、パ球団の編成担当は「阪神は獲得を逡巡しているでしょ? もし手を挙げても、残留しますなんて言われたらカッコつかない。金子は突然、右肘手術を発表したり、言動も読めない」と表情を曇らせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る