FA相川の人的補償は…ヤクルトが熱視線「巨人の意中投手」

公開日:  更新日:

 ヤクルトの編成が大忙しになっている。FA宣言したロッテの成瀬、日本ハムの大引と13日にW交渉。2人の獲得が濃厚となっている一方、自軍からは相川がFA宣言。巨人入りすることが決定的になっている。

 そうなると浮上するのが補償の問題だ。成瀬、大引はともに「Bランク」。ロッテ、日本ハムから年俸の60%または40%+人的補償を求められる。ヤクルトは「ロッテ用」「日本ハム用」と2種類の28人のプロテクトリストを作成する必要が出てくるのと同時に、「Bランク」の相川が移籍すれば、巨人から同様の補償を得ることになる。28人のリストを受け取り、熟考する必要があるのだが、ヤクルトは人的補償を求める可能性が高いとみられている。

「戦力が豊富な巨人はプロテクト枠の28人から外れそうな選手でも、一軍で十分に戦力になる。去年は大竹をFAで取られた広島が一岡を獲得して成功しているし、ウチも人的補償を検討している」(ヤクルトのチーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る