ドジャース前田は7勝目逃す…自ら積極走塁も実らず

公開日:  更新日:

 ドジャース・前田健太(28)が19日(日本時間20日)のブルワーズ戦に登板。6回3分の1を6安打1失点で降板。7勝目(4敗)はならなかった。

 前回のダイヤモンドバックス戦では右膝下に打球が直撃して降板。骨には異常なく、通常通り中4日でマウンドに上がり、患部の状態が不安視される中、影響はみじんも感じさせない。

 初回、2番ゲネットに甘く入った直球を中堅スタンドに叩き込まれたが、その後は安定感を取り戻した。6番ニューエンワイスから始まる四回には3者連続三振を奪うなど、今季は低調なブルワーズ打線を手玉に取った。

 相手の先発右腕ガーザを打ちあぐねるなど、味方打線による援護が期待できないと判断したのだろう。ガーザの悪送球で出塁した三回2死一塁の場面。前田はシーガーの右前打で一塁から好機につなげようと積極的な走塁を見せ、三塁ベースに足から滑り込んだ。相手野手陣の連係プレーに阻まれ、結果的にアウトにはなったものの、野手顔負けのスライディングを見せた。六回には1死一、二塁できっちりと送りバントを決めて好機を演出したが、後続が打ち取られて得点にはつながらなかった。

 これで前田はクオリティースタート(QS=6回以上を自責点3以内)を見せながら勝ち星が付かなかったのは4試合。打線があてにできない以上、自らのバットで得点を稼ぎ出すしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る