メジャー球団悲鳴「巨人・菅野をこれ以上酷使しないで」

公開日: 更新日:

「今年は球数が多いのが気になるんだよ……」

 さるメジャー球団のスカウトが巨人菅野智之(26)について、こう言って表情を曇らせた。

 今季3敗目(5勝)を喫した17日のロッテ戦は、苦しい投球だった。初回、先頭打者の細谷にファウルで粘られて12球を投じるなど、なかなか空振りが取れず、六回までに127球を要し、そのままマウンドを下りた。

 今季最短イニングでの降板ながら、投球数は今季最多。ここまで被本塁打はわずか2本だったにもかかわらず、この日だけでナバーロ、角中にソロ本塁打を浴びた。

 疲労もあるのだろう。菅野は今季13試合に登板し、投球回は12球団最多の102。1試合平均は約7.85イニングだ。球数も多い。13試合中7試合で120球以上を投じ、1試合平均では116球。しかも、開幕から3試合連続中5日で登板した。いくら何でも投げすぎだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  7. 7

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  8. 8

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る