日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー球団悲鳴「巨人・菅野をこれ以上酷使しないで」

「今年は球数が多いのが気になるんだよ……」

 さるメジャー球団のスカウトが巨人の菅野智之(26)について、こう言って表情を曇らせた。

 今季3敗目(5勝)を喫した17日のロッテ戦は、苦しい投球だった。初回、先頭打者の細谷にファウルで粘られて12球を投じるなど、なかなか空振りが取れず、六回までに127球を要し、そのままマウンドを下りた。

 今季最短イニングでの降板ながら、投球数は今季最多。ここまで被本塁打はわずか2本だったにもかかわらず、この日だけでナバーロ、角中にソロ本塁打を浴びた。

 疲労もあるのだろう。菅野は今季13試合に登板し、投球回は12球団最多の102。1試合平均は約7.85イニングだ。球数も多い。13試合中7試合で120球以上を投じ、1試合平均では116球。しかも、開幕から3試合連続中5日で登板した。いくら何でも投げすぎだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事