新体操フェアリーJ 世界選手権はメダル取り大チャンス

公開日: 更新日:

 新体操団体日本代表の「フェアリージャパン」が13日、都内で世界選手権(8月=イタリア・ペサロ)に向けた練習を公開。「フープ」と「ボール・リボン」の演技を実施した。

 昨夏のリオ五輪は8位に終わったが、新メンバーが加わった新チームは幸先のいいスタートを切った。今年6月のチャレンジ杯(スペイン)ではロシアらの強豪を抑えて2種目で金と銅メダルを獲得。続くアジア選手権(カザフスタン・アスタナ)では総合優勝を果たした。

 山崎浩子強化本部長によれば、現状で日本はロシア、イタリア、ブルガリアの3強に次ぐ4番手の位置付け。今回の世界選手権はメダル取りの好機だという。

 日本にとっては今季から改正された新ルールも追い風となる。今回のルール改正では実施点が重視され、難度点では差が付きにくくなった。「安定した演技をきっちりとやれば実施点が稼げるため十分に戦える」とは山崎強化本部長だ。

 6月のチャレンジ杯で優勝し、国際審判による日本の印象度は増しているが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る