新体操フェアリーJ 世界選手権はメダル取り大チャンス

公開日:

 新体操団体日本代表の「フェアリージャパン」が13日、都内で世界選手権(8月=イタリア・ペサロ)に向けた練習を公開。「フープ」と「ボール・リボン」の演技を実施した。

 昨夏のリオ五輪は8位に終わったが、新メンバーが加わった新チームは幸先のいいスタートを切った。今年6月のチャレンジ杯(スペイン)ではロシアらの強豪を抑えて2種目で金と銅メダルを獲得。続くアジア選手権(カザフスタン・アスタナ)では総合優勝を果たした。

 山崎浩子強化本部長によれば、現状で日本はロシア、イタリア、ブルガリアの3強に次ぐ4番手の位置付け。今回の世界選手権はメダル取りの好機だという。

 日本にとっては今季から改正された新ルールも追い風となる。今回のルール改正では実施点が重視され、難度点では差が付きにくくなった。「安定した演技をきっちりとやれば実施点が稼げるため十分に戦える」とは山崎強化本部長だ。

 6月のチャレンジ杯で優勝し、国際審判による日本の印象度は増しているが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る