• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スタミナ課題 バド桃田に立ちはだかる1年3カ月のブランク

 違法賭博による出場停止処分が5月に解除され、約1年3カ月ぶりに国際大会に復帰したバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(22)。

 12日(日本時間13日)のカナダ・オープン(カルガリー)2回戦は世界ランク81位のトビー・ペンティ(24=英国)をセットカウント2―0で下し3回戦進出を決めた。

 賭博行為で世界ランクも剥奪された桃田は今後、国際大会に出場しながら調整を続け、日本代表入りの条件である年末の全日本総合選手権での2位以内が目標となる。

 1年以上も実戦から遠ざかっていた桃田にとっては、試合勘を取り戻す以前にスタミナが課題だ。

 国内の大会とは異なり、国際試合ではレベルの高い海外勢との対戦が続く。各大会で上位に勝ち上がれば上がるほど、フルセット(3セット)までもつれるケースも増えるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る