2冠サニブラウンも米留学へ 陸上選手なぜ海外で強くなる

公開日:  更新日:

 国内にいては限界がある。

 日本陸上競技連盟は26日、8月の世界選手権(ロンドン)の第1次代表選手を発表。男子短距離のサニブラウン・ハキーム(18)ら19人を選出した。サニブラウンは先週の日本選手権で14年ぶりとなる短距離2冠を達成。「今回(の世界陸上)はボルト選手も最後ということで、100、200メートルの決勝で戦えるように頑張りたい」と語った。世界最速男にどれだけ近づけるか注目だ。

 サニブラウンは世界陸上が終わると、9月からは米フロリダ大へ進学。ロンドン五輪男子1600メートルリレー銀メダルのトニー・マッケイを指導したマイク・ホロウェイ・コーチらの指導を受ける。

 今年は1月から、南アフリカ、オランダ、米国で2カ月の合宿を行い、体幹の重要性を再認識し、上体がブレるフォームを修正。同時に、国内の指導法や練習メニューとの違いを実感したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る