世界選手権メダル最有力も 池江璃花子が戦う“本当の敵”

公開日: 更新日:

 女子競泳のエースである池江瑠花子(16)がメダルの最有力候補に浮上である。

 世界選手権(7月23日開幕=ブダペスト)の選考会を兼ねた競泳の米国選手権は29日(日本時間30日)に3日目を行い、女子100メートルバタフライで池江のライバルであるケルシー・ウォレル(22)が57秒38で優勝。世界選手権出場を決めたが、57秒38は今季の池江の自己ベスト(56秒89=世界3位)をも下回る8番目のタイムだ。

 池江は銅メダルを獲得した昨年12月の世界短水路選手権(カナダ・ウィンザー)で、短水路の日本記録(55秒64)をマークしながら2位ウォレルには0.42秒及ばなかった。3週間後に迫った世界選手権開幕を前にライバルのタイムを上回ったのは好材料とはいえ、池江にとってはむしろマイナスになりかねない。ライバルを甘く見て隙ができるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る