世界選手権メダル最有力も 池江璃花子が戦う“本当の敵”

公開日:  更新日:

 女子競泳のエースである池江瑠花子(16)がメダルの最有力候補に浮上である。

 世界選手権(7月23日開幕=ブダペスト)の選考会を兼ねた競泳の米国選手権は29日(日本時間30日)に3日目を行い、女子100メートルバタフライで池江のライバルであるケルシー・ウォレル(22)が57秒38で優勝。世界選手権出場を決めたが、57秒38は今季の池江の自己ベスト(56秒89=世界3位)をも下回る8番目のタイムだ。

 池江は銅メダルを獲得した昨年12月の世界短水路選手権(カナダ・ウィンザー)で、短水路の日本記録(55秒64)をマークしながら2位ウォレルには0.42秒及ばなかった。3週間後に迫った世界選手権開幕を前にライバルのタイムを上回ったのは好材料とはいえ、池江にとってはむしろマイナスになりかねない。ライバルを甘く見て隙ができるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る