不祥事続出のアマスポーツ界 「根底には勝利優先」の声

公開日:

 ヤクザ顔負けだ。

 10日に明るみに出た、拓大紅陵高校の硬式野球部員による、売春あっせん事件。事件当時2年生だった部員3人(いずれも現在は自主退学)は、今年1~2月に知人の10代の少女を客に紹介し、た疑いで同日に逮捕された。彼らはツイッターで客を集め、1人当たり3万~6万円の“料金”を設定していたという。

 拓大紅陵といえば、春夏通じて甲子園出場9回を誇る、野球強豪校。92年夏は準優勝、直近では04年春に出場した。そんな野球名門校の部員が売春あっせんとは、まるで暴力団のシノギさながらだ。

 さらに11日には、近大ボクシング部の監督(29)が女子部員にセクハラをしたことが発覚。この監督は12年ロンドン五輪にも出場したボクサーで、現在は自宅待機を命じられているという。

 スポーツライターの谷口源太郎氏は「たまたま同時に出たということではない。いずれも勝利至上主義、成果主義が根底にある」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る