• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エ軍大谷は代打で三振…因縁の相手オスナにリベンジならず

 前日の借りは返せなかった。

 エンゼルス・大谷翔平(24)は26日(日本時間27日)のアストロズ戦はベンチスタート。1―3と2点を追う九回2死一塁に代打で登場したが、因縁の相手にリベンジはならなかった。

 相手のマウンドは、前日の試合で腰付近にぶつけられた救援右腕のオスナ。この試合でサイ・ヤング賞右腕バーランダーから14号2ランを放ったことへの報復行為をした相手との再戦に、大谷はいつも以上に気合が入ったのだろう。打席では終始、厳しい表情を崩さず、初球からフルスイング。150キロ超の速球で追い込まれると、最後は低めの変化球にバットが空を切る。一発が出れば同点に追い付く好機で、相手に封じ込まれ、大谷は思わず天を仰いだ。

 同地区のライバルであるアストロズとは、今季残り4試合。オスナも含めて好調ア軍投手陣から結果を残したいところだ。

 なお、この日の試合前、ソーシア監督は、大谷があす(日本時間28日)、非公開で実戦形式の投球練習を行うと発表。指揮官は「全てをチェックしたい」と話していることから、投手復帰に向けて最終テストになるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る