エ軍大谷は代打で三振…因縁の相手オスナにリベンジならず

公開日:

 前日の借りは返せなかった。

 エンゼルス・大谷翔平(24)は26日(日本時間27日)のアストロズ戦はベンチスタート。1―3と2点を追う九回2死一塁に代打で登場したが、因縁の相手にリベンジはならなかった。

 相手のマウンドは、前日の試合で腰付近にぶつけられた救援右腕のオスナ。この試合でサイ・ヤング賞右腕バーランダーから14号2ランを放ったことへの報復行為をした相手との再戦に、大谷はいつも以上に気合が入ったのだろう。打席では終始、厳しい表情を崩さず、初球からフルスイング。150キロ超の速球で追い込まれると、最後は低めの変化球にバットが空を切る。一発が出れば同点に追い付く好機で、相手に封じ込まれ、大谷は思わず天を仰いだ。

 同地区のライバルであるアストロズとは、今季残り4試合。オスナも含めて好調ア軍投手陣から結果を残したいところだ。

 なお、この日の試合前、ソーシア監督は、大谷があす(日本時間28日)、非公開で実戦形式の投球練習を行うと発表。指揮官は「全てをチェックしたい」と話していることから、投手復帰に向けて最終テストになるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る