回復は順調のエ軍大谷 9月復帰でも「勝ち」がつかない理由

公開日: 更新日:

 二刀流復帰に向けて準備は着々である。

 右肘の故障で打者に専念しているエンゼルス・大谷翔平(24)。22日(日本時間23日)には、故障後2度目の実戦形式での登板に臨み、マイナーの打者相手に計32球を投げ、安打性1本、6奪三振。前回20日の登板では直球の最速が95マイル(153キロ)を記録したそうで「投げている感じは悪くない」と、順調な回復ぶりをアピールした。

 次回は中4日で27日(同28日)に3イニング、45~50球をめどに登板する予定だ。「オレンジ・カウンティー・レジスター」(電子版)など複数の地元紙は、患部に異常がなければ、今季中にメジャーのマウンドに復帰するとみているが、大谷はさまざまな制約を受けそうだ。

 大谷のように再生治療である「PRP注射」を受けた投手は患部への負担を考量し、復帰後、しばらくは投球回数、球数が制限されるからだ。メジャー1年目の2014年に大谷と同じ治療を受けたヤンキース・田中は復帰初登板となった9月21日のブルージェイズ戦で、5安打1失点と好投しながら、5.1イニング、70球で交代を告げられた。メジャーでは肘の故障から復活した投手は「5イニング、70球」程度が目安とされ、当然、大谷も例外ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る