• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

回復は順調のエ軍大谷 9月復帰でも「勝ち」がつかない理由

 二刀流復帰に向けて準備は着々である。

 右肘の故障で打者に専念しているエンゼルス・大谷翔平(24)。22日(日本時間23日)には、故障後2度目の実戦形式での登板に臨み、マイナーの打者相手に計32球を投げ、安打性1本、6奪三振。前回20日の登板では直球の最速が95マイル(153キロ)を記録したそうで「投げている感じは悪くない」と、順調な回復ぶりをアピールした。

 次回は中4日で27日(同28日)に3イニング、45~50球をめどに登板する予定だ。「オレンジ・カウンティー・レジスター」(電子版)など複数の地元紙は、患部に異常がなければ、今季中にメジャーのマウンドに復帰するとみているが、大谷はさまざまな制約を受けそうだ。

 大谷のように再生治療である「PRP注射」を受けた投手は患部への負担を考量し、復帰後、しばらくは投球回数、球数が制限されるからだ。メジャー1年目の2014年に大谷と同じ治療を受けたヤンキース・田中は復帰初登板となった9月21日のブルージェイズ戦で、5安打1失点と好投しながら、5.1イニング、70球で交代を告げられた。メジャーでは肘の故障から復活した投手は「5イニング、70球」程度が目安とされ、当然、大谷も例外ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る